使い捨てと回収型のウォーターサーバー使い勝手どっちが便利?

ウォーターサーバーを探している時に最初に上がるのはミネラルウォーターサーバーで激安に落とし穴あり?でもいっているとおり安さ、値段ですよね。ただ、ウォーターサーバーは長く使う家電製品でもある為、一連の流れをイメージして使いやすいものを選ぶと言うのも大事です。その中で私がかなり重要だと思っているのが「使い捨てボトル(ワンウェイ)」か「回収型ボトル(リターナル)」どちらにするかです。

ウォーターサーバーの水をどのくらい飲むのかでも選択するべきほうは変わってくると思います。例えば、あまりないケースですけど何十本も飲むのであれば、回収型の場合、回収業者が来るまでボトルを置いておかなければいけないので意外とスペースをとられてしまいます。ワンウェイの場合は、飲みきった後すぐに捨てることが出来るので場所をとられる心配はないでしょう。そもそも、水の入ったボトルを置くスペースがあれば物理的に問題は無いのですが、空のボトルがたくさんあるのは気分的にあまりよろしくないかなと。

細かいところですが、メリットデメリットなども含め考えていきましょう。

ボトルが使い捨てタイプのウォーターサーバーは衛生的ともいわれている

使い捨てタイプのウォーターサーバーは、割と新規で参入してきた新しいウォーターサーバー会社が採用している印象があります。この理由は一時期、回収型のボトルが不衛生であると叩く人が現れたからです。実際は不衛生ということは無いと思うのですが、使い捨てタイプのものはウォーターサーバーで水を注ぐたびにペットボトルが潰れていき空気が入らないタイプのモノが多いです。ペットボトル以外に、ビニールタイプのものもありこちらも空気が入らない仕様です。たまに固めのペットボトルで空気が入ってしまうものもあります。

空気が入らないということは、常に真空状態で衛生面をキープしているという印象を与えてくれます。厳密にいえばこのほうが安全ではあるでしょう。意識の問題のほうが大きく、こういった配慮をしているウォーターサーバーはボトルだけでなくサーバー自体の衛生面に関してもかなりこだわりをもって開発している企業が多い印象です。

因果関係としては、使い捨てタイプだから人気が出ているという話ではありませんがランキング上位のウォーターサーバーはこういった衛生面をこだわっている為結果的に性能が高いウォーターサーバーを提供できていて、人気が出てきているとも言えると思います。

ウォーターサーバーのボトル回収は環境面でかなりやさしい

回収型ウォーターサーバーにも良い面はたくさんあります。まず、捨てるのって意外とだるいという人が多いと思います。どのくらいだるいかは、通常の500mlペットを捨てるのより多少楽くらいですが、大きいのでつぶすのに手間がかかるものもあります。ビニールタイプで一番コンパクトなのはフレシャスのタイプが楽でしょう。

ただ、捨てることから解放されたいという理由でウォーターサーバーを契約する人も多いと思うので、そういった方は、選ぶ時にしっかりボトルが回収型かどうかを調べてください。契約後、自分で捨てるの?なんて気づいた時は時すでに遅しですから。ウォーターサーバーは契約期間最低でも1年以上で、途中解約は違約金が発生してきますので本当に注意してください。

利便性とは別に回収型のウォーターサーバーが注目されている点があります。環境面への優しさです。リターナルというのは、リターンするということで、回収されたボトルがどうなるかというと、そのまま清掃、殺菌消毒をされ、蓋の部分だけ新しくなり再利用されます。大きいのは熱処理工程(ボトルをいったんとかしたりする工程)がないことではないでしょうか。

コンビニで売っているペット樹脂で作られたタイプのリサイクルはリサイクルするときに多くの熱を使う事になります。実はその熱ってかなりの燃料が使われているのです。だから実はリサイクルという活動をしているのに環境を破壊しているなどと揶揄されることもあります。

そういった事実と比較すると回収タイプのボトルは地球にやさしい、環境面にやさしいエコシステムであるといえます。

洗浄方法も、ユーチューブなどに動画で上がっていたりします。開示ですね。工場は常に衛生定期に保たれているし、ボトル自体が不衛生ということはありえません。ここはアレですかね、飲食店で言う割り箸か使い回しの箸かなどに似ているかもです。既に使い捨てタイプも出回っているので一人が環境面を考えてそちらは選択しないと言っても意味がありませんので、使い回しのボトルが嫌という方は使い捨てタイプにしておいたほうが良いかもしれませんね。せっかくお金を払ってお水を飲むのですから、細かいところで気分を害すのはよくないです。

ボトルなし?次世代型ウォーターサーバ

もうひとつ。最近登場してきたのがボトルなど回収の手間もなく、捨てる手間もない次世代型のウォーターサーバーです。

どういうこと?

ちょっと仕様が違います。今まで説明してきたウォーターサーバーは宅配システム前提ですので、水がお家に業者によって運ばれてきます。次世代型ウォーターサーバーといわれているのは、水道水の水を高性能なろ過システムで自宅でro膜などを利用し水をピュアウォーターにしてしまう優れものウォーターサーバーのことをいいます。

当然、これであれば、宅配される必要はなく、自宅の水道水が飲み水になるので一番楽と言えば楽です。但し、当然ですが天然水を飲むことはできないサーバーです。

ふえてきているウォーターサーバーの新しい形ですが、中にはウォーターサーバー内にろ過システムと、ミネラルを添加する仕組みも作りあげられており、人口のミネラルが入った水を飲むこともできます。レンタル料金と水道代だけなのでコスト的にはこちらは安く上がりますね。契約期間だけが少し長いのがネックですが人気が出てくるウォーターサーバーだと思います。

COPYRIGHT© caweb-agence.com ALL RIGHTS RESERVED.